茂山 逸平(しげやま いっぺい)

iippei
1979年6月12日生まれ
二世七五三の次男

4歳の時『業平餅』の童にて初舞台。その後『千歳』『三番三』『釣狐』を披く。
1994年に、宗彦、茂と「花形狂言少年隊」を結成し活躍する。また2000年より心・技・体、教育的古典狂言推進準備研修錬磨の会=「TOPPA!」を千三郎、正邦(現 千五郎)、宗彦、茂、童司と共に主催し、活動。
1995年、東京にて狂言小劇場の公演を開始。
スペイン等の海外公演にも参加。その一方で、東映映画「将軍家光の乱心・激突」の竹千代役で出演。NHK連続テレビ小説「京、ふたり」「オードリー」「ごちそうさん」他、舞台・CMと数々出演。また兄宗彦と共に、新作二人芝居 <宗彦、逸平のThat’s Entertainment「おそれいります、シェイクスピアさん」> に挑戦するなど幅広く活躍する。
2006年より「HANAGATA」を正邦(現 千五郎)、宗彦、茂、童司と共に再開。企画製作そして出演までを自分たちでおこなう「HANAGATA」を通し、狂言の魅力を存分に味わっていただき、自らの芸を磨くことを目的としている。
2006年秋から1年間フランスに留学した。
2009年より日本舞踊、尾上流家元三代目尾上菊之丞と『逸青会』を落語家三代目桂春蝶と『春蝶・逸平の一緒に遊びまSHOW!』を主催。その他新国立劇場『てのひらのこびと』等現代劇に出演。
著書に『茂山宗彦茂山逸平と狂言へ行こう』(旬報社)がある。

趣味:散策
好きな物:カウンターの端・秋・おもち・コーヒー
好きな言葉:おのがうんはおのがてでつかめ
好きな狂言:『口真似』『禰宜山伏』『二人袴』『文相撲』『蝸牛』

<千五郎家楽屋話>(聞き手・西村彰朗)
おおらかで明るく、舞台に出ると、周りが一瞬、華やかな空気に包まれる。例えば『業平餅』。二枚目半役を演じる上方役者とどこか重なって見えた。役にもよるが、そんなイメージが最近、少しずつ変わり始めている。
「ここ数年、とくに親父(七五三)を意識していますね。アイ狂言など、よどみなく、無駄な抑揚もなくきちっと語る。物まねといわれてもいい。一歩でも近づけたら…」
パリ留学から帰国後、40までを目標に日本舞踊の三代目尾上菊之丞と「逸青会」を始める。上方落語の桂春蝶とのコラボも。伝統芸能の枠組みのなかで交流を深化させた。
長男慶和は幼い時から金剛流宗家のもとへ通う。「塾より稽古を優先」の徹底した教育方針をとる。自主公演「狂言季期」は休会中だが、いずれ再開も考えたいという。
「茂山家にとって大事なテーマは次代のスターづくり。子どもたちの世代が成長してくるまでは個人の狂言会をとことん追求するのも一つの行き方かなと思う。それによって一門がより栄えればいいわけだから」

<落語作家・小佐田定雄評>
愛称は「イッペーちゃん」。
イッペーちゃんが舞台に現れるとその頭の上に青空が見えることがあります。その姿、その表情、その声、どれをとっても「爽やか」という感じがするのです。役柄も無邪気な花聟だとか、おとぼけの太郎冠者、コケティッシュな娘など、思わず抱きしめてあげたくなるようなキャラがぴったりです。
桂枝雀師の大ファンで、小さな落語会でその腕前を披露し、本職の落語家さんから「う、うますぎる!」との絶賛を浴びました。
二〇〇七年の秋までパリに留学して日本の舞台を留守にしますが、帰国してからの変身ぶり(?)にご期待ください。
今ごろ、セーヌ河のほとりを美しいパリジェンヌとデートしているか、下宿の部屋で一人寂しくiPodで枝雀落語を聴いているかはご想像に任せます。

1979年 6月12日二世七五三の次男として生まれる
1983年 『業平餅』の童で初舞台
1988年 東映映画『将軍家光の乱心・激突』の竹千代役で出演
1990年 NHK連続テレビ小説『京、ふたり』出演
1991年 テレビ東京 正月12時間ドラマ『水戸光圀乱の生涯』に出演
1992年 NHK ドラマ新銀河『大阪で生まれた女やさかい』に出演
映画 『お引っ越し』に出演
1994年 『千歳』披く
花形狂言少年隊を 茂山 茂・茂山 宗彦 と結成
1995年 東京博品館劇場にて狂言小劇場第1回公演
1996年 イタリアジャパンウィーク ベニス公演参加
1999年 芸術祭参加作品 NHKドラマ「終のすみか」に出演
2000年 「心・技・体、教育的古典狂言推進準備研修錬磨の会=通称 TOPPA!」旗揚公演
NHK連続テレビ小説『オードリー』出演
2001年 『三番三』を披く
2003年 『釣狐』を披く
2004年 新国立劇場「てのひらのこびと」出演
2011年 平成22年度京都市芸術新人賞受賞
2012年 『花子』を披く
2016年 平成27年度京都府文化賞奨励賞受賞